野菜セット

12月の野菜セット 202212

【セット内容】ミニ白菜/葉つき大根/人参/水菜/小松菜/春菊/コカブ/ネギ

●12月の野菜セット

水菜。もともとは京野菜で関東では「京菜」と呼ばれていた時期もあるとのこと。クセのなさ、扱いやすさから全国区の野菜になったようです。
特徴はとにかくシャキシャキ感と調理の手軽感。今日は忙しいから冷凍コロッケでいいか。でも野菜が少しほしい。そんなときに水菜は冷蔵庫から出して適当な大きさに刻むだけで立派なサラダになります。もう少し余裕があれば今回のセットの中からならばコカブをひとつ取り出し、薄めにスライスして合わせるだけでサラダの味に幅が出ます。

水菜と鶏肉の鍋。少しだけ時間をかけて手羽元を1時間ほど煮込んでおくと、鶏のダシがしっかり出て「これがあればもう何もいらない」的な鍋が出来上がります。画像の鍋は酒とみりん、そして塩で簡単な味付け。お好みでポン酢をかけてもおいしいですが、2日目はさらに鶏ダシが出てサムゲタンのような味わいになり最高です。

あとはしつこいようですがチョレギサラダ。これうまいんです。のりがなくてもいけます。アレンジで大根や人参の細切りなどを入れてもいいです。
●水菜とのりのチョレギサラダ


大根がおいしい季節です。いいタイミングで採れているのでしっかり締まってみずみずしい仕上がりになりました。
おすすめのレシピをいくつか。

●豚バラ大根
●ふろふき大根
●大根のナムル

しばらく冷蔵庫に置きたい場合は、緑の部分が見えなくなるくらいアタマの部分をカットして保存すると、葉が根から養分を吸収することがないのでしなびにくく状態をキープできます。


今朝、森保ジャパンがスペインを2-1で破りワールドカップの決勝トーナメントに進出しました。
98年のフランスワールドカップからサッカーをずっと観てきて、ときには代表戦をスタジアムで観戦しながら日本サッカーを眺めてきた身としては、「こんなことが起こっていいのか」というくらい衝撃的なカタールワールドカップになっています。
3バックで試合をスタートさせたスペイン戦のスタメンに三苫と堂安が並んでいなかった時点で不安がよぎりましたが、一方的に押された前半からは想像もつかない逆転劇が待っていました。まるで漫画のような展開。
今回の野菜セットのタイトルを「祝!森保ジャパンW杯決勝進出号」にしようかと思いましたが、もしかしてもっと先に行けるような気がしてきてやめました。

朝3時半に起きて観戦し、そのまま畑に出ました。
まだ先がある、というのは素晴らしいことです。クロアチア戦が楽しみすぎて落ち着きません。