野菜セット

1月の野菜セット

人参/水菜/里芋/赤かぶ/ほうれん草/サニーレタス

1月の野菜セット

寒さに圧倒的に強い野菜にほうれん草があります。画像はほうれん畑と被覆トンネルに張り付いていた氷です。

スーパーなどではなんとなく小松菜と同じような並びの葉物ですが、多くの葉物がアブラナ科であるのに対し、ほうれん草はアカザ科。他にアカザ科の野菜といえばビーツが出てくるくらい、仲間が少ない野菜です。

今回お届けする野菜に寒さに弱い野菜(例えばナスやズッキーニ等の夏野菜)は当然ないのですが、ほうれん草は寒さに強い野菜の中でも最強のような気がします。
寒さにあたると作物は自身が凍結するのを防ぐため体内の水分を放出し、糖分を増加させます。糖分だけでなくビタミンC等も急激に数値が高くなるそうです。
つまり食べる側にとっては栄養価が高いということ。
寒締めの甘みと栄養を頂きましょう。



こちらも、最低気温がマイナスをマークするようになってから明らかに甘みが増した水菜。
ほうれん草のようなアカザ科ではなく水菜はアブラナ科で、そんなに甘みが増すような印象はなかったのですが、急激に変わったので驚きました。
水分たっぷりでみずみずしいサラダ状態もおいしかったけれど、甘い状態でももちろんサラダでいけます。
水菜のチョレギサラダ。いくらでもイケます。毎日でも飽きません。
https://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe/00006060/index.html


赤かぶのレシピを検索すると「甘酢漬け」がたくさんヒットしますが、先日料理した豚肉との炒めがすごくうまかったので作り方を簡単に。

■赤かぶと豚肉のレモンバター炒め
①赤かぶは皮付きのまま薄切りに。豚肉(豚コマ)は適当な大きさにカット。
②バター適量を(テキトウです)フライパンで熱し、豚肉を炒める(ニンニクと炒めてもよし!)
③肉の色が変わったら赤カブを入れて炒める。焼き色がついたら塩・コショウをお好みで。
④最後にレモン汁を大さじ2/3くらい入れてジャーっと混ぜてできあがり! 水菜を付け合わせにしたりすれば更にいい感じ。